トレーダーが集まり、収支や日々の思いを自由に書くブログです

トレーダー集会所

ヨシさん

ロスカットできない理由について

更新日:

サラリーマン 兼業 トレーダー ヨシさんです。

日々の取引、取引銘柄などはブログで紹介しています。

繰り返される惨劇

11月17日のことです。

いつものように、午前中の休み時間にエントリーして、昼休みに動きをチェックすると、恐ろしい事態が待っていました。

それは、日経平均が、いきなり300円ほど下がり、前日終値である22000円を割るかどうかでせめぎあっていました。

もちろん、エントリした銘柄は、午前中に+3%まで伸びていたのに、いきなりのマイ転です。

しかも、日経先物はナイヤガラの滝のように垂直落下して、容赦なく22000円を割っています。このまま、大幅安も考えられる展開です。

所有銘柄のロスカットラインは近付いています。その時、自分の精神状態はどうだったのか。

「もうすぐ、所有銘柄のロスカットラインだ。このまま受け入れろ」

「いや、こんな垂直落下はありえない、リバる。今のうちロスカットを下げろ」

もう、死にそうな精神状態です。

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 URL: http://mangaonweb.com/

なぜならば、ここが、私のダメトレードが発生する最大要因だからです。

いままでの取引で大損する原因は、いったんロスカットラインにきているにも関わらず、損切への嫌気から、勝手にロスカットラインを下げることがありました。

いつか戻るはずだ、持っていれば戻るはずだ!でホールドして、最終的に戻らず大幅ロスカットです。

最初に売っていれば、損害は軽微だったのに。

わかっているんです。十分すぎるほど、ロスカットを受け入れたほうが良いというのは。

でも、指がスマホの上を滑り、逆指値注文を解除しようとしています。

もう、理性と感情がぶつかって、泣きそうになります。

どんどん値を下げる銘柄、22000円でリバりそうな日経平均。

そして、心が張り裂けそうな苦しみを受けながら、ロスカットを受け入れました。

その時、思いました。

なんで、こんなに損切って難しいだろう。俺の何が悪いのかって・・・・・。

最悪なことに、大引け後の値は、やっぱりリバウンドしていて、さらにプラ転していました。

ある経験

さて、そんなことがあった先日、Rさんの忘年会に参加するために、地元から東京へ車を走らせました。

地元から東京までの230キロです。

ふとガソリン計をみると、あと200キロ弱くらい走れそうな感じです。

それはつまり、ギリギリ給油を我慢すれば、厚木当たりのガソリン安売りゾーン(周辺より5円以上安い)まで届くことを意味しています。

ただ、ギリギリです。

でも行けそうな気がしたので、そのまま走行を続けました。

神奈川に入るくらいから、給油ランプがぼんやり点き始めました。

国道周辺にはいくつもガソリンスタンドがあり、5円以上高いですが、入れようと思えばいつでも給油できます。

当然、入れようか入れまいか、迷います。ガソリンの給油ランプは点滅から点灯に変わります。

動揺した気持ちのまま、そのまま走行を続けます。

もうすぐたどり着く。しかし、いつも使っているスタンドが現れません

給油メーターの針は、かなりやばいところまで下がってきています。

これは本当にやばいと思いつつも、途中にあるガソリンスタンドには入りません。

そしてついに、いつもの格安のガソリンスタンドがある地域に到達しました。

だが、そのガソリンスタンドは閉鎖になっていました。

もう、ばからしくなって、笑うしかない状態でした。

結局、その周辺の高いスタンドで、入れることになりました。

その時、ふと気づきました。

これは、自分がロスカットをできない状況にそっくりです。

目標としたガソリンスタンドがロスカットの実行、途中の5円ほど高いガソリンスタンドが、損切のチャンスです。

そう考えると、目標のガソリンスタンドまで行くとリバる、だから途中のロスカットのチャンスは見過ごす、ずらす。

トレードも、日常生活でも、やっていることは一緒なんです。

では、これからどうするか

結局、負ける理由は、日常と同じことをやっているからなんです。

2002年のノーベル経済学賞を受賞したプロスペクト理論では、「人間には自分に有利な場面ではリスクを避けて、自分に不利な場面ではリスクをとることを好む」傾向があるとされえています。

ですので、損切を先延ばしするのは、人間の特性と理解して、克服していくしかありません。

考えられるのは、2点です。

  • 日常生活の中でも判断を早くする。先送りしない。(ガソリンは早めに入れる。)
  • 判断の根拠をできるだけ明確にする。
    適当に付けた値ではなく、チャートから根拠のあるラインを見つける。
    超えたら何が起きるか認識しておく。

簡単なことなんですが、克服するためには必要なことだと思います。

まとめ

損切りできない理由は、人間の判断の仕組みによるものです。

それは、日常生活にも表れているので、意識して改善する必要があります。

損切については、根拠を強化するために、チャートを基に明確な条件を考えます。

 

投稿者プロフィール

ヨシさん
ヨシさん
サラリーマン 兼業 トレーダー です。
スタイルは スイング・ブレイカーです。
人生の割と底から這いあがってきている(つもり)です。
アラフィフ(まだアンダー)のしぶとさを見せてやる!です。

-ヨシさん

Copyright© トレーダー集会所 , 2018 AllRights Reserved.