トレーダーが集まり、収支や日々の思いを自由に書くブログです

トレーダー集会所

shirobun

映画 「ボブという名の猫」

投稿日:

トレードには一切関係ない映画の話です。少し前に見た「ボブという名の猫」という映画について書きます。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ DVD
ポニーキャニオン (2018-02-22)
売り上げランキング: 9,112

 

この映画は実話に基づいています。イギリス人でホームレスだったある男性が、ひょんなことから、ある一匹の猫と出会い、そこから人生が好転するという話です。主人公の彼は、ずっと薬中でリハビリを続けていました。ストリート・ミュージシャンをやっていて、「ビッグ・イシュー」を売って、ほんのわずかな報酬を得ていました。

 

ところで皆さんは、「ビッグ・イシュー」ってご存知ですか?時々駅付近の路上で、薄っぺらい雑誌を売っているホームレスっぽい人を見かけませんか? ビッグ・イシューというのは、ホームレスの生活を支援する(仕事を提供し自立を応援する)目的で作られた雑誌です。1冊350円で売られており、そのうち180円が、販売者であるホームレスの方の収入になります。ビッグイシューは、内容もなかなか濃く、バックナンバーも買えます(販売者の方によりますが、結構なバックナンバーを同時に販売されています。ビッグイシューのウェブでもバックナンバーを購入できます)。雑誌を片手に持ち、何時間も路上で販売していて、一体1日どれだけ売れるのだろうかと思います...。まぁ、私は自己満足で、ビッグイシューが売られているのを見かけると、買うようにしていますが、大変だなぁと思ってしまいます。

ビッグイシュー日本とは

 

映画に話を戻すと、主人公が「ボブ」と名付けた猫が、ある時急に現れて、それからどこへ行くのも付いてくるようになり、ビッグイシューを売っているときも、肩に乗っているので、雑誌は売れて人気も出るようになり、時の人となり、本を書き、猫にまつわる話も映画化もされて、ホームレスだった主人公は家を持つまでになります。

 

私はこういう話が好きで、人生何が起こるかわからない(良い意味で)なぁと思いました。こういうのは「僥倖」というのでしょうけれど、こういうことって起こり得るんだなぁと思いました。

 

トレードとは全く関係ありませんが、一種の『箸休め』として。(って前回も箸休めでしたけど。)

-shirobun

Copyright© トレーダー集会所 , 2018 AllRights Reserved.