トレーダーが集まり、収支や日々の思いを自由に書くブログです

トレーダー集会所

チャーリー

貸株サービスで金利をもらおう

投稿日:

 
 

こんにちは、チャーリーです。
今日は、貸株サービスについて語りたいと思います。
 

貸株サービスって、みなさん、ご存知ですか?
保有株を証券会社に貸して金利をもらうサービスです。

楽天、SBI、カブドットコム、マネックス、松井、GMOクリック証券
などがこのサービスを提供しています。
 
 
証券会社によって金利が違ってきます。
僕が使っている証券会社は、楽天、クリック、SBI、岡三オンラインなのですが、
たとえば、僕がこの前買ったカヤックは、楽天なら年3%、
クリック証券なら1%でした。

なので、楽天で買いました。
一日信用使えば手数料ゼロだし。

金利3%はでかいでしょう。

現在200株しか持っていませんが、
1株1400円として、28万円。
28万x3%=8400円

ミニ忘年会2回くらいは出そうですね。
 

双日は、0.1%しかつかないので(2400株保有)
86万x0.1%=860円

う~ん、ゼロよりいいでしょう。
100円の缶コーヒーなら8回飲める。
 
 

株価が高くなればその分受け取れる額も高くなるので、
そのときは一石二鳥。
また、金利は固定ではなく、変動していきます。
 
 

 
 

貸し出し中の名義は証券会社になります。
金利優先と優待優先というコースに分かれています。

【金利優先】
権利落ち日期間もずっと貸し出すので
その間、金利は受け取れるが、株主優待や総会に出る権利を失う。
配当は、預けた証券会社から配当分の金額を受け取れる(雑所得になる)

【優待優先】
権利落ち日前に自動的に返却されるので
配当は勿論、優待も得られ株主総会に出ることも出来る。
 
 
 

株を買ったまま、ただ眠らせておくだけなら
貸し株サービスで金利を受け取った方が良いに決まってますね。
 
 

ただし、やっぱりデメリットはあります。
①当証券会社が破綻したら、戻ってこない可能性がある
(名義は証券会社になるので財産管理されない)
②長期間保有による優待サービスは受けられない

 

と、①も②もほとんどありえないでしょう。
仮に自分が取引している証券会社が危なくなったら
そんなうわさはすぐに立つもの。
その時に貸し出しを戻しても遅くは無いでしょう。(常時、貸したり戻したり出来る)
 
 
 
 

 

 
 
(注)信用口座を開いている場合、
保有株(現物)を貸し株にすると、通常、代用有価証券から外される。
しかし、クリック証券は代用有価証券として信用取引できるみたい。
 
 

僕は現在、楽天とクリックの貸し株サービスを使っていますが、
同じ金利なら絶対楽天をオススメします。
なぜなら、クリックは貸し株にするのに楽天より3日後になるし、
優待期間中は2週間近くも貸し株に出来ないから。
 
 
 

投稿者プロフィール

チャーリー
チャーリー
投資歴は長いですがデイトレはひよっ子です。
趣味は、アーチェリー、囲碁、ギター、ヨガ、観葉植物、自転車。他に空手をやっております。
座右の銘は、『継続は力なり』。

-チャーリー

Copyright© トレーダー集会所 , 2018 AllRights Reserved.